事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

Column

不動産を担保に入れた融資ついて


 
不動産を担保にして融資を受けるお話しです。
まず、多いのが「住宅ローン」ですね。
住宅を銀行から融資を受けて買う場合、買う物件を担保にして融資を受けます。
これを抵当権と言います。

抵当権とは、万が一住宅ローンの返済ができなくなったとき(3か月から6か月の期間はあります)に、
住宅を担保に入れることにより、残りの残債(債権)を回収するということです。
競売、任意売却という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、そういったものは、
担保に入れていた不動産を競売、任意売却にかけて、残りの融資の残債(債権)回収をする、ということです。
融資をした銀行からすると、競売、任意売却となりますと、価格が相場よりも安くなってしまう可能性が高いので、
全額回収という訳にはいかなくなります。
融資した銀行が損をするということもあり得るのです。
しかし、全く回収できないよりは少しでも回収したいという考えですね。
競売、任意売却にかけられた所有者は、もちろん立ち退かなければなりません。
実家に戻る、賃貸に引っ越す、などとなります。
上記のように、万が一を考えた場合により、担保を付ける。
これが抵当権です。
基本的には担保に入れないと(抵当権を付けないと)、銀行からの融資は受け付けてもらえません。
ちなみに、登記簿謄本にも記載されます。
登記簿謄本の、甲区が所有者、乙区が抵当権者となります。
 
上記が住宅ローンによる、不動産を担保に入れて融資を受ける場合になります。
 
他にも、住宅ローンの融資を受けている銀行以外の銀行から融資を受ける場合や、
消費者金融などから融資を受ける場合も、不動産を担保に入れて融資を受けることができます。
この場合も、もちろん抵当権が付きます。
住宅ローンを組んでいますと、住宅ローンの融資をしている銀行が1番抵当、
次に、他の銀行、消費者金融から融資を受ける際の、担保が2番抵当となります。
あくまでも多額の融資をしている住宅ローンの銀行が、一番多く債権を回収するということです。
次に、他の銀行や消費者金融が融資した債権を回収するということで2番抵当となります。
こうなりますと、住宅ローンの融資を組んだ場合、1番抵当が多額の債権を回収するので、
2番抵当権者の取り分は減ります。
このことを考えますと、不動産を担保に入れても、多額の融資は難しくなります。
よって、不動産を担保に入れたとしても、融資を受けられる金額には限度があります。
 
以上、不動産を担保に入れて融資を受けるお話しです。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る