事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

Column

       

訳あり物件の売却はお困り不動産解決本舗へ~どんな物件?事故物件や訳あり物件の定義~

お困り不動産解決本舗では、多くの訳あり物件を扱っています。戸建てやマンションを問わず、売却の手続きをサポートしていますので、まずはお気軽にご相談ください。

事故物件=人が亡くなった部屋という決まりはなく、事例ごとに変わりますし、そこに住む場合のマイナス部分を総合して事故物件かどうかを判断します。事故物件と呼ばれる物件にも様々な種類もあるため、売却できるかどうか不安な物件でも一度お問い合わせください。

訳あり物件とは?

空を背景に家の模型を持つビジネスマン

訳あり物件や事故物件とは、一般的に事件や事故などが起きた物件のことを指し、自然死の場合は事故物件とは判断されないケースもあります。

しかし、亡くなったという事実がある物件は訳ありとされることがほとんど。不動産会社は瑕疵ありとして次の入居者に告知する義務が発生し、売却に多少の影響が出たり、次の借り手が見つかりにくかったりします。

その場所が元々火葬場だった、暴力団関係者による事件があったといった場合も訳あり物件として告知の対象となります。

訳あり物件の定義

訳あり物件の定義について説明するビジネスマンの手

訳あり物件は、大きく分けて心理的瑕疵物件と物理的瑕疵物件に分けられます。この二つはそれぞれ以下のような特徴があります。

心理的瑕疵物件

過去に殺人や自殺、火事などの事故があった物件のことを心理的瑕疵物件と呼びます。また、物件の周辺に指定暴力団の事務所がある、嫌悪される施設があるといった場合も、心理的瑕疵物件に該当します。

嫌悪施設とは、葬儀場や墓地、遊戯施設、電子力発電所、ゴミ処理場など、土壌汚染や悪臭問題、心理的に不快と感じることが懸念される施設のことです。近年は、小中学校も騒音問題として、嫌悪施設に該当されるようになりました。

人それぞれ感じ方は異なりますが、子供の声やチャイムが騒音につながる可能性があるためです。心理的瑕疵物件は、「気味が悪く、怖い」、「事前に知っていれば借りなかった(買わなかった)」物件ということです。

物理的瑕疵物件

物理的瑕疵物件とは、基礎や構造部分の欠損、シロアリや雨漏りによる腐食など、物理的な問題がある物件を指します。一戸建てだけではなく、上階からの水漏れや排水管の詰まりなど、マンションでも物質的瑕疵物件があります。

建物だけでなく、土地に廃材が埋められている場合や極端に地盤が弱い場合も、物理的瑕疵に該当します。「目に見える問題」がある物件が、物理的瑕疵物件ということになります。

戸建て・マンションを問わず訳あり物件の売却ならお困り不動産解決本舗へ!

物理的な欠陥や心理的な問題を抱える可能性のある訳あり物件は、次の買い手や借り手が見つかりにくいため、不動産会社に相談しても快い対応をされないケースが少なくありません。そのため、所有物件をそのまま放置している方もいらっしゃるでしょう。

お困り不動産解決本舗では、他社で断られた物件でも丁寧に査定いたします。戸建てやマンションを問わず、心理的・物理的瑕疵物件でも、まずはお気軽にご相談ください。他社では取り扱われない低価格物件を積極的に取り扱い、豊富な実績から売却の手続きをしっかりとサポートします。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
まずは電話で相談
メールで相談する
このページのトップに戻る