事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

Column

       

孤独死で事故物件になる?~事故物件(孤独死など)の売買はお任せ~

近年増え続けている孤独死は、心理的瑕疵物件として事故物件になるケースもあれば、瑕疵にならないケースもあります。ここでは、孤独死がどのようなものなのかを含め、孤独死のあった物件が事故物件になるのかどうかをご説明します。

孤独死のあった物件の売買でしたら、戸建てやマンションを問わずお困り不動産解決本舗がサポートいたします。お気軽にご相談ください。

孤独死とはどういうもの?

若い世代の孤独死も増えています。

孤独死とは、その名の通り家の中で誰にも気づかれず亡くなってしまうことです。原因として一般的なのは、熱中症や急病、衰弱など事件性のないものが多いですが、中には他殺や自殺など事故死扱いになるものもあります。孤独死する人の年齢は高齢者が圧倒的に多く、最近は30代~40代の若い世代の孤独死も増えています。

その背景には、離婚後一人暮らしをする男性が急増し、亡くなっても周囲に気づいてもらいにくいという現状があります。このように、孤独死はいつ誰がそうなるか分からないため、孤独死が発生するかどうかは運もあると言えるでしょう。

孤独死した家は事故物件の扱いになる?

孤独死が事故物件扱いになるケースをご紹介。

一般的に孤独死が事故物件扱いになるケースは、亡くなってから発見されるまでの時間が長い場合です。近所付き合いがなく、家族とも疎遠になってしまっている方は発見が遅くなる傾向にあり、異臭などによる通報で孤独死が発見されることも少なくありません。

そうなると、事件性がなくても警察や救急車が介入するため、近所にも人が亡くなったことが知られてしまいます。反対に、亡くなってからすぐに気づくことができ、部屋の損失が一切なかった場合は自然死として認められることもあります。自然死は、家族に看取られながら息を引き取った状況と同じ扱いになります。

ただし、近隣の住民には人が亡くなったことがどうしても伝わりやすいため、事故物件と判断されなかった場合でも、近隣住民から話が伝わってしまうことがあります。人が亡くなった事実を告知せず売却し、その後孤独死があったことを近隣の住民から聞かされる可能性もあるでしょう。

最悪の場合、損害賠償を請求されることも考えられます。そのリスクを避けるためにも、孤独死があった多くの部屋が、告知義務の発生する事故物件として扱われる傾向にあるのです。

戸建て・マンションを問わず事故物件の売買はご相談を

孤独死は、現代社会特有の亡くなり方だと言えるでしょう。いつ誰にでも起こる可能性があります。万が一自宅や保有不動産で孤独死が起き、売却を検討することになった際には、お困り不動産解決本舗へご相談ください。

事故物件といっても様々なケースがあり、状況やご要望に応じた売買をサポートいたします。戸建てやマンションを問わず対応可能で、ご相談や査定は無料で承ります。まずはお気軽にお問い合わせください。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
まずは電話で相談
メールで相談する
このページのトップに戻る