事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

Column

安全な物件売買のために、おさえておきたい抵当権のしくみ

 
不動産の取引では、抵当権という用語が重要なキーワードとなります。
抵当権は、住宅ローンを組んで購入した物件に設定されます。
この抵当権が設定されているかどうかで、中古物件の取引内容も変わりますので、物件の購入や売却を考えている人は、ぜひ押さえておきましょう。

 

抵当権の基本的な内容

住宅などの大きな買い物をする時は、銀行でお金を借りてローンを組みます。
万が一、借りた人がお金を返せなくなれば、銀行は貸したお金を回収する事ができません。
そのような状態を避けるため、銀行は、ローンを組んで購入する家と建物を、あらかじめ担保として設定します。これが「抵当権」です。
抵当権を設定すると、登記事項証明書の権利部欄には、いつ、どの土地と建物に、誰の抵当権が設定されたかが記載されます。
ローンの返済がすべて完了した後は、抵当権の抹消登録を行い、その物件は担保としての役割を終えます。
 

抵当権があっても、物件の取扱いは自由

土地や建物に銀行の抵当権が設定されていても、所有者はその物件を自由に使用する事ができます。
そのため、担保となっている家で、ローンを返済しながら生活する事ができるのです。
この時注意しておかなくてはならないのが、担保となっている物件の売買や貸し借りも、抵当権が設定されている状態で自由に行えるという点です。
 

抵当権が設定された物件を購入すると?

売りに出されている中古物件に抵当権が設定されているという事は、中古物件の持ち主は、その時点でまだローンの返済を続けているという事になります。
きちんと返済が続いていれば、抵当権が設定されていても購入後の生活に支障はありませんが、もし返済が滞ると、非常に厄介な事になります。
元の持ち主がローンの返済を続けられない事が確定すれば、抵当権が設定されている物件は強制的に差し押さえられ、競売にかけられます。
もし、他人の抵当権が付いた物件を購入した後、元の持ち主がローンの返済を続けられなくなれば、せっかく購入した土地と家を失う事になってしまいます。
 

通常は抵当権は抹消されているが…

購入者を不利な状況にしないために、通常、不動産業者は中古物件を販売する際に、必ず抵当権を抹消します。
しかし、抵当権を抹消するためには、売り主がローンを完済しなくてはなりません。
もし、抵当権が設定された家を売却する時に、売り主に残りのローンを完済するお金がなければ、物件を購入した人の支払い代金がローンの返済に充てられます。

上記のような流れで不動産業者は売買の手続きを進めますので、「抵当権が設定されている物件を売ろうとしているけど、ローンの完済ができない」という方でも、安心して物件の売却を依頼する事ができます。
また、中古物件を購入する側になった時は、抵当権が抹消されている事を一度確認しておくと良いでしょう。抹消された事項は、登記事項証明書上では下線が引かれた状態になっています。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る