事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

Column

       

相続した実家を売る際の手続き

相続した実家を売る際の手続き

実家を売却するなら早めに行動するべき3つの理由

相続した実家の売却を考えている場合、早めの行動をおすすめするのは3つの理由があります。

理由1. 特別控除3,000万円には適用期限がある

相続によって得た居住用財産を売却する場合、3,000万円の特別控除が受けられます。
しかし、この特別控除が受けられるのは、その住宅に所有者が居住しなくなってから3年目の12月31日までです。
それを過ぎてしまうと特別控除は受けられなくなってしまうため、注意が必要です。

理由2. 建物の不動産価値は下がる一方

不動産価値は変動するものです。土地は上がることもある一方、建物は時間が経てば経つだけ不動産価値が下がります。

理由3. 相続した実家を所有するだけで支出が増える

実家を相続した場合、その固定資産税を払う必要があります。また、経年劣化による修繕費などもかかってくるでしょう。
建物は住まなくなると劣化も早くなるといいますし、家屋ごと売却を考えている場合は、早めに行動にうつすことをおすすめします。

相続した実家をスムーズに売却するなら業者に依頼するのがおすすめ

業者に依頼するのがおすすめ
相続した実家を売却する際は、不動産業者へ依頼をおすすめします。
不動産売却は必要な手続きも多く、トラブルが発生する可能性もあるためです。
売却価格の値切り交渉や内見の対応なども業者に依頼すれば、スムーズに進みます。地域の相場に明るく、取引実績が多い業者がおすすめです。

実家を相続して売却するまでに必要な手続き(業者に依頼した場合)

実家を相続して売却するまでに必要な手続き
実家を相続(相続登記が終わった状態)してから売却するまでに必要な手続きについて解説いたします。

業者と仲介契約(媒介契約)を結ぶ

売却を業者に依頼する場合は、仲介(媒介)契約を結びます。契約書には、売却活動の条件(内見の立ち合いなど)や売却が成立した際に業者に払う報酬金額などが記載されています。

買主への物件引き渡し

買主が決まったら売買契約を結びます。契約書は仲介業者が用意してくれるのが一般的です。しかし、契約の責任は売主にあるため、事前に契約書の内容にはすべて目を通して、わからないことは聞いておきましょう。

所有権移転の登記を行う

物件の所有権を移転するための登記を行います。
不動産業者が提携している司法書士が手続きするのが一般的ですが、知り合いの司法書士に依頼することもできます。

不動産業者へ仲介手数料を払う

相続物件の売買契約が成立した際には、不動産業者へ仲介契約所定の手数料(仲介契約書に書かれています)を払います。手数料は法律で上限が定められています。
売買契約が成立しなかった場合は手数料を支払う必要はありません。(手続きに必要な印紙や司法書士の費用などは別途かかります)

相続した実家を売却する場合にかかる6つの税金

相続した実家を売却する場合にかかる6つの税金
実家を相続し、売却する場合には最大6つの税金が課せられます。

1. 相続税

相続税は相続したもの(この場合は実家)に対してかかる税金です。税額は国税庁が定めている「財産評価基本通達」記載の計算方法によって決まります。
基礎控除分で控除しきれなかった分が課税対象となります。つまり、売却金額が控除分よりも少なかった場合は課税されません。
また、物件に所有者が居住しなくなって3年目の12月31日までは、3,000万円の特別控除も適用されます。

2. 印紙税

契約書などを作成する際に課される税金で、売却が決まったら買主との間でかわされる「不動産売買契約書」に法定金額の収入印紙を貼り付ける必要があります。
印紙税は、売却の収益関係なく必要です。
売却契約の場合、印紙税を誰が負担するかは定められていないため、契約書を確認しましょう。

3. 登録免許税

登録免許税は不動産の名義変更に必要な税金です。相続した実家を売却し、買主に所有権を移譲する際に発生します。
名義変更を司法書士に依頼した場合、司法書士の手数料が別途必要です。

4. 譲渡所得税

譲渡所得税とは、不動産売却の利益に対して課税されます。ただし、譲渡所得がマイナスになる場合は課税されません。

所有権が譲渡される(この場合は売却される)不動産の所有期間が5年以内なら「短期譲渡所得」、5年を過ぎるなら「長期譲渡所得」となり、税率が変わります。

5. 復興特別税

復興特別税は東日本大震災に対する復興目的の財源として、所得税に課税されるものです。譲渡所得が発生した場合は復興特別税の課税対象となります。
つまり、譲渡所得がマイナスだった場合、復興特別税は発生しません。

6. 住民税

譲渡所得が発生した場合は所得税と合わせて課税されます。売却利益がない場合は発生しません。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る