事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

Column

相続人を孫にしたい場合はどうする?遺言書や保険に注目


なにかの事情があって孫に財産を残したいと思う場合どんな方法があるのでしょうか?
法定相続人の順位では①配偶者、②子や孫~となっていますが、子が健在の場合には、子が相続放棄しただけでは、孫を相続人に出来ません。
では、孫を相続人にしたい場合についてお話ししましょう。

相続人を孫にするために必要なこと

相続人を孫にしたい場合、子に相続放棄をさせただけでは不十分です。
孫を法定相続人にするための条件として、子の“死亡・欠格・排除”と法律で定められているからです。
「遺言書に孫に相続させるとかく」
遺言書に“孫に相続させる”と記載しておくと、正式な相続人として認められます。
遺言状は、自筆である事が証明出来ると有効になりますが、立ち会い人を立てての遺言状、法的な取り決めに則った“公正証書遺言”と、法的な効力は高くなります。
ただし、相続税が20%増しになります。
故人⇒子⇒孫となるところを、故人⇒孫とワンクッションと相続の回数を減らすのか、20%増を取るか、考え方によりますね。

 

「孫と養子縁組して戸籍上“子”にする」
法定相続人の“子”は、養子も認められていますから、養子縁組をして戸籍上“子”にしてしまえば、養子として扱われます。
相続の配分については、配偶者1/2、子1/2(複数いる場合は均等割)が基本になります。
変更したい場合には、やはり遺言を残すことが必要です。

 

生命保険の加入で資産を残す方法

払い込み済み生命保険
残したい資産を掛け金に回して生命保険に加入し、受取人を子や孫にしておくと課税対象になる相続財産を減らすことが出来ます。
ただし、孫が生命保険を受け取るときには一時所得と見なされて課税対象になることがありますから、その分も見越しておくことが必要です。

 

孫の保険料を生前贈与
孫が生前贈与で受けた資金で養老保険に入るという方法でも相続財産を減らせます。
こうした生命保険を利用して資産を移動させる場合には、生前贈与で保険料を与えたとわかる様にしておくことがポイントです。
具体的には・・・
・贈与ごとに贈与契約書を作る。
・110万円以上になるときは贈与税を申告する(年間110万円以下なら必要無し)。
・孫の口座に資金を振り込み、保険料がそこから引き落とされるようにする。
・この保険料支払いで生命保険料控除を受けない。

 

ほかに教育資金贈与信託を利用して、相続税を節税して、孫に資産を残す方法もあります。

 

ケースによって、メリットデメリットが変わってくるので、専門家に相談しながら進めると良いですね。

 

 

 

 

 

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る