事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

Column

老後資金はいくら必要か?持ち家と賃貸でその差を比較!


 
『老後資金はざっくり3000万円くらい必要だ。』
こんなイメージを持っているいる人が多いと思いますが、住宅が持ち家なのか、賃貸なのかでも大きく違ってきます。
60歳~90歳までの30年間を過ごすとして、老後資金の住宅費にいくらかかるのか計算してみました。
 

老後資金の住宅費『持ち家・所有マンション』ではいくら?

ローンは計算に入れずに、30年でいくらかかるか試算してみます。
A:固定資産税⇒一般的な住宅なら年間10万円前後
B:リフォーム・修繕⇒500万円程度
C:マンションなら管理費・修繕積立金⇒月3万円程度
 
①一戸建ての費用:800万円
(固定資産税)10万円×30年分+(リフォーム)500万円=800万円
 
②マンションの費用:1630万円
(固定資産税)10万円×30年分+(管理費など)3万円×12ヶ月×30年=1380万円
*個人的なリフォーム・修繕費 250万円程度(戸建ての半額として)
合計 1630万円
 
ローンの支払いをのぞいた費用を比べると、一戸建ては管理費・修繕積み立てがない分、少ない負担で維持出来そうです。
 
老後資金として考えると、ローンの支払いが終わっていれば、月あたりの負担額は、2万円程度~45000円程度となります。
 

老後資金の住宅費『賃貸物件』ではいくら?

賃貸の場合にかかる費用は・・・
A:家賃⇒月5万円~10万円
B:契約更新料⇒2年ごと5万円~10万円
C:共益費⇒月1万円~4万円
D:リフォーム・修繕⇒場合によるがほとんどかからない
 
家賃8万円、契約更新料2年ごとに8万円、共益費2万円として計算してみます。
 
(家賃分)8万円×12ヶ月×30年間=2880万円
(更新料)8万円×15回(2年ごと30年間)=120万円
(共益費)2万円×12ヶ月×30年間=720万円
 
合計 3720万円
 
月あたりの費用は103333円となります。
 

持ち家と賃貸、老後資金を考えるとどっちがトクなのか?

持ち家の場合は、購入代金の支払いをしているので、生涯での支払い総額は大きくなりますが、退職までにローンを終えていれば、老後資金の住宅費は少なくて済みます。
 
賃貸の場合の支払い総額は、家賃や更新料によって変わりますが、生涯支払い総額は住宅を購入できるほどに高額になります。
 
転勤がある、収入が不安定など、賃貸の方が住みやすいというケースもありますから、一概にどちらがオトクと言い切ることは出来ません。
 
ただ、持ち家であれば、契約更新の心配なく長く暮らせ、資金が必要になったときに、リバースモーゲージでの借り入れが可能です。
 
老後資金がいくら必要かを考える時に、住宅が持ち家や賃貸かで、準備しておく金額は大きく変わってくるのです。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る