事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

Column

離婚率が高いカップルの特徴とは?

 

日本の離婚率が30%になるって少し驚きですね。
一昔前は、世間体が気になるとか、再婚を繰り返す芸能人に一般人ではあり得ないという感覚でした。
最近は、男女ともに自立しているという事なのか、人に合わせるのに疲れるという事なのか、珍しいことではなくなってきました。
離婚率が高いリスクをもつカップルの特徴をみてみましょう。

 

結婚前に借金が残っている

お金の問題があると離婚率が上がります。
実際、景気動向と離婚率を比較すると、不況になるほど離婚率も上がりやすくなるとか・・・。
『お金にだらしない⇒人間関係も流されやすい⇒浮気しやすい』という構図も成り立ちそうです。
 

両親が離婚している

『親が離婚しているので、自分はあたたかい家庭にあこがれている。』という方は多いのですが、どこかで同じ道をたどってしまう傾向があります。
相手に理想の妻や夫を求めすぎてしまうのでしょうか?
こだわるべきポイントがずれているという事かもしれません。
もちろん、両親が離婚していてもしあわせに結婚生活を継続されている方はたくさんいますが、離婚率としては多いのです。
 

反対を押し切って結婚

反対されるほど情熱が燃え上がってしまう事があります。
結婚生活がはじまって、反対を押し切って盛り上がっていた気持ちが冷めてくると、不満を感じるようになって、関係がぎくしゃくしてきます。
特に二股恋愛や、不倫などの場合には、みんなに祝福されてすべてが丸く収まるかたちで結婚出来るか微妙です。
小さなすれ違いから分かれる可能性があり、離婚率が高い傾向です。
 

女性の方が高収入

男性側からすると、プライドが邪魔をしてつらいと感じることが多いですし、女性側からすると、経済的に自立していることで、ガマンしてまで結婚生活を続けたくないと思ってしまいます。
同じ職種で女性がとても優秀だと、男性の気持ちは穏やかではないようで、離婚率が上がってしまいます。
 

どちらかだけがガマンしている

一般的に、女性の方が現実的でガマンしていることが多いといわれています。
熟年離婚では、ある日突然奥さんから離婚を切り出されて、旦那さんが呆然とするといったシチュエーションは、ドラマでも見かけます。
奥さんの満足度が高い夫婦は離婚率が低いという調査結果があるそうです。
いずれにせよ、人生のほとんどを一緒に過ごしている伴侶ともなれば、どちらかだけがガマンしている状況というのは不自然ですし、本当の夫婦愛を育てるのは難しいですね。
出来れば離婚はしたくないけれど、仕方のない場合もあります。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る