事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

【事故物件】心霊写真が怖い!オカルトを信じる?

 

いわくつきの物件、事故現場で撮ったとされる怖い心霊写真…。人の無念や思いの強さを考えると、そこで亡くなった人がいるという話と合わせて「やっぱりか」「ゾッとした」と感じるものです。事故物件で撮影された心霊写真についてお話ししましょう。

 

体が透けるのは何かの警告?

心霊写真を検索すると、体の一部が透けている写真がヒットしてきます。番組で紹介されることもありますが、原因は、霊障で写真を取った場所や、人への警告だとされることが多いですね。人が亡くなったことがある事故物件ではなおさらです。あり得ない写真が撮れてしまったときには、怨念やたたりがあると不安になります。ところが、科学的に分析すると、説明がつく心霊写真が多く、正体のわからないものに対する不安が働いて、怖いと感じるようです。肉眼で見ている時には自然と多角的に見えているのに、写真という平面になると、錯覚が起こる場合があるのです。どう見ても足が消えている写真が、体のねじれやものの陰になって隠れている、同系色の上でぶれている事が原因だというケースも多いのです。

 

顔が映り込んでいるのは霊なの?

心霊写真として紹介されることの多いものとして、顔が映り込んでいる写真があります。事故現場で撮影された写真に顔が写っていると、亡くなった人の無念だ、怨念が残っていると、怖い写真だと騒がれます。カメラ撮影の失敗で、多重露出という現象がありますが、ハッキリとした顔が映り込んでいる場合には、弱い光で十分な露出が得られなかったところにハッキリとした画像が重なっている場合、意外なものが反射していて人の様に見えている場合、陰影が影響して顔のように見えている場合があります。撮影されたときの状況を綿密に再現することで、同じような写真が撮れることがあります。事故物件の紹介画像で、押し入れから人がのぞいている様な画像が撮れていたケースがありますが、押し入れの中のダンボールの影が原因と言われています。

 

事故物件との付き合い方

事故物件で心霊写真が撮影されてしまうと、「やっぱり何かあるのでは…」と、騒ぎになることがありますが、それは心理的な原因が由来しているということでしょう。不幸な死を遂げた人がいるということを考えただけで、人は不安になったり恐怖を感じたりするものです。「人の不幸を真摯に供養したい」という人間的な感情が働いているものなのでしょう。ですから、人の道に外れないまっとうな生き方に自信があれば、心霊現象はオカルトでしかないのです。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る