事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

アパートの騒音問題の解決策は?

 

アパートは木造住宅が多く、鉄筋構造の建物よりも音が響きやすいですね。駅近、沿線は便利が良い代わりに、窓を開けるのをためらうほどの騒音があります。また、都市部では、生活音が原因となる、住人同志のトラブルも起こりがちです。騒音問題の予防策、起きたときの対策についてお話ししましょう。

 

外の騒音を防ぐためには?

駅近や、高速道路が近い場合には、そとの騒音が気になる場合があります。窓を閉め切っている分には、慣れてしまうようですが、窓を開けて外の風を入れたくても、騒音が気になって空けていられないことも。静けさと落ち着きは、交通アクセスの良さをあきらめなければ両立がむずかしく、頭の痛いところです。しかし、都内で暮らすためには、ある程度やむを得ない問題でもあります。○窓を開けない、○厚いカーテンを使う、○窓ガラスに防音シートを貼る、目張りする、○音楽をかけて騒音に意識が集中しないようにする…といった対策を取ってみましょう。賃貸の場合には、騒音問題が解消されていないことを瑕疵として、値下げ交渉が可能かもしれません。線路や駅、道路が先にあって立てられたアパートなら、騒音問題解消は自衛が基本ですから、出来る範囲の工夫と、管理会社への相談が基本です。

 

室内の生活音を漏らさない工夫

アパートでは、生活音の音漏れが住民トラブルに発展する事がありますから、マナーとして守るべきところは抑えておきたいですね。○生活時間帯のズレをチェック、○夜の洗濯・掃除は避ける、○床にはカーペットや敷物、○壁にタンスなど大型家具を設置、○食卓チェアなどには足カバーをつける…などです。フローリングをむき出しで使うと、音が響きやすく、階下から、苦情が出やすくなります。また、生活サイクルや生活スタイルが似ている住民が集まっている物件の方が、騒音問題は出にくいようです。社会人×学生の場合、生活サイクルそのものがズレていますから、気になる場合が出てくるでしょう。

 

騒音問題が起きたら管理会社に入ってもらう

都会では、住人同士があいさつもしないし、どんな人物かもわからず暮らしていることが当たり前になっています。騒音問題にならないように、マナーを守って生活していても、相手はどう受け取っているかわかりません。お願いするつもりで話しかけたら、批判されたと受け取られて、関係が悪くなる場合があります。掲示物→管理会社から騒音元に連絡という手順を踏んでもらうのが良いでしょう。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る