事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

不動産が売れない!事故物件でも処分出来る?

 

不動産の処分は、タイミングと縁がポイントです。一般的な住み替えの場合でも、ニーズが高まっている時には、比較的早く売却先が見つかりますが、需要がなければ値段を下げたり、広告費をかけたりしなければ売れません。事故物件ともなれば更にハードルが上がってしまうと言っても過言ではありません。

 

事故物件が売れないわけは?

「自殺があったから祟られそう」、「事件現場なので気味が悪い」、「縁起が悪い物件は気が進まない」など、心理的な嫌悪感が原因で買い手が付かないケースが多いようです。誰でも事故の内容を想像してしまいますし、心霊現象が起こるのではないかと心配をする人もいるでしょう。ただ、どれも“心理的”な欠陥であって、実用的には問題のないことがほとんどです。少し前に、強盗殺人のあった豪邸がネットで販売された事があり話題になりました。このとき、建物の様子や内部の画像がつけられていたのですが、亡くなられた方が使っていた家具や、衣類がそのままで、生活感が感じられる状態でした。さすがに、その現状を見て自分なら住む気になれないと話題担ったものの、あっさり相場の8割引き相当の額で落札されました。不動産業者が、宿泊やシェアハウスにする予定で購入したのです。一般ルートでの正攻法以外なら、価値を利用出来るというわけですね。

 

価格が付きづらい不動産の処分の方法

心理的瑕疵物件など、嫌悪感から処分がむずかしい物件は必ず一定数出てきます。これは,自殺者数が年間2万人以上いる事や、毎日の様に犯罪がニュースで報じられることからも想像出来ます。昨今では『孤立死』も社会的な問題になっています。

一般の物件紹介サイトには、事故物件を求めてやってくる人が少ないので、なかなか買い手、引き取り手が少ないのが事実です。しかし、事故物件を買って、付加価値をつけ、活用価値を見出してくれる業者に相談すると取扱いが難しい物件も上手くいかしてくれるでしょう。

 

事故物件を再生させるプロに任せる

「立地が良いのに、事件や事故があったから活用出来ていない」、「機能的に問題無いのに、心理的瑕疵のため活用されていない」といった物件は、リフォームや建て替えで、ネックとなる問題をクリアしてしまえば、活用の道が開けます。事故物件買取専門業者は、そうしたノウハウを持っていますから、専門の知識があるプロに相談すると良いですね。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る