事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

事故物件が安い理由について

 

事故物件は、よく「安い」ですとか「破格」というのを目にすることが多いと思います。
実際、経済的な理由で、事故物件を求める人が多いのも事実です。
ではなぜ事故物件は安いのでしょうか?

 

結論から申しますと、「需要と供給のバランス」となります。
わかりやすく説明しますと、事故物件に住みたがる人が少ないのです。
逆に自分だったらどうですか?
殺人事件があったお部屋に住みたいと思いますか?
物好きでもない限り、たいていの方は嫌だと思います。
ですので、仕方なく値段を下げているのです。
「本当は嫌だけど安いから我慢しようか」という人が現れてきます。
そこでバランスが取れているわけです。
マンションで例を挙げますと、
事故、事件があったマンションは、マンション全体の値段が下がります。
そして、該当するお部屋はさらに下がります。
他のマンションの住民からしたら迷惑な話しです。
資産価値が下がってしまう訳ですから。
しかし、マンションのような高層階だと、自殺も増えてくるわけです…。
高いところから飛び降りができるわけですから。
近所では該当するお部屋ではなく、自殺があったマンションと、
マンション全体のことを悪く言われてしまいます。
ですので、マンション全体の価格が下がってしまうというわけです。
該当するお部屋は怨念やらが残っている可能性もありますし、
実際にそこで事件、事故が起こったというのも嫌がる人が多いので、
さらに値段が下がります。

 

戸建ての場合は、マンションと違って、とくにその周辺の値段が下がるわけではありません。
戸建ての場合はあくまでそのお家で事件、事故があったということで値段が下がります。
近所からの目もありますので、余計にですね。
さらに、事故物件の所有者が、事故物件を保有しているのがいやで、いくらでもいいから手放したい、
というのも、安い理由の1つです。
安く買い取りをして、リフォームをして転売する、しかし、事故物件なので、なかなか売れないことも考慮して、
安く売出しをする、といったような流れです。
所有者からすると、転売後も安いので、二束三文のような価格になってしまうかもしれませんが、
手放せるなら、ということで、安く手放す方も多いです。

 

最後にわかりやすくまとめますと、事故物件は気持ち悪がってなかなか買い手が付かない、
となれば安くするしか方法がない、ということで、価格が安くなります。

 

以上、事故物件が安いお話しです。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る