事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

事故物件とは、どのようにして生まれてしまうのか?

 

住む人に何らかの悪影響を及ぼす事が懸念される物件は、「事故物件」と呼ばれます。
建築時には何も問題がなかった建物でも、様々な原因が元で、事故物件となってしまう事があります。
事故物件はなぜ生まれてしまうのか、事故物件と呼ばれる事の意味について、ご説明します。

 

事故物件に法的な取り決めは存在しない

まず頭に入れておかなくてはならないのが、事故物件を決める法律は存在しないという事です。
しかし、「何となく気味が悪いから、あの家は事故物件だ」のように、印象だけで勝手に事故物件にする事はできません。
建物で過去に起きた悲惨な事件や、建物が抱える構造や土地の欠陥などが、事故物件と呼ばれる原因を作っているのです。
原因の主な物には、心理的な原因と、物理的な原因、環境的な原因が存在します。

 

事故物件に潜む、様々な瑕疵

「瑕疵(かし)」とは、欠陥やきずの事で、不動産においては、建物や土地に人が住みにくくなる欠陥がある事を意味します。
一見他の建物と変わらない見た目でも事故物件と呼ばれてしまう建物には、多くの瑕疵が隠れているのです。
心理的瑕疵以外にも、物理的瑕疵や環境的瑕疵などがあり、不動産情報開示サイトなどで、備考欄に「心理的瑕疵あり」と記載されていれば、その物件は事故物件という事になります。

 

様々な瑕疵の具体例

事故物件に潜む、それぞれの瑕疵の例を具体的に見てみましょう。

 

□心理的瑕疵の例
・物件内で強盗殺人があった
・建物が放火にあった
・入居していた老人が孤独死し、遺体が腐敗していた
・入居していた家族が無理心中した
など

 

□物理的瑕疵の例
・建物が傾いている
・構造部分に大きな欠陥がある
・土地の地盤が軟弱化している
・土壌が汚染されている
など

 

□環境的瑕疵の例
・周辺に化学工場やごみ処理施設がある
・近隣に風俗店など治安の悪い繁華街がある
・近所に手入れのされていない空き家がある
・何度も他の入居者を追い出したクレーマーの隣人が住んでいる
など

 

「事故物件」と分類しておくのはなぜか

上記のような瑕疵を抱える事故物件ですが、そのほとんどは住んでみなければわからない物ばかりです。
しかし、「黙っていればわからない」と、事故物件である事を隠して次の入居者と契約を結ぶ事は、物件が事故物件になる事よりも恐ろしい事なのです。

 

もし、新しい家に入居した後に、周辺の化学工場から毎日不快な臭いが漂ってきたり、天井から激しい雨漏りが続いたりしては、快適な新生活が、たちまち不安で一杯になってしまいます。
また、近所の人から「あなたの家で前に殺人事件があったよ」と言われようものなら、恐怖で安心して過ごす事はできなくなるでしょう。
そして、その怒りや悲しみの矛先は、当然ながら物件を引き渡した前の持ち主や、仲介した不動産業者に向けられ、損害賠償や裁判に発展する事さえあります。

 

このように、入居後に起きるクレームを防ぐためにも、前もって事故物件である事を告知しておかなければなりません。
「事故物件」という文字を見ると、一気に不安を感じてしまいますが、それすらも記載せずに取引を進めてしまう恐ろしさと比べれば、遥かに安心できると言えるでしょう。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る