事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

事故物件にしないためにできる事。物件の防火対策は万全ですか?

 

火事で建物が消失、あるいは逃げ遅れた人が亡くなった場合、その物件は「事故物件」として扱われるようになってしまいます。
大切な物件を事故物件にしないためにも、放火犯の手口を把握して、物件の防火対策をきちんと行いましょう。
今回は、火災を招きやすい物件の特徴や、基本的な物件の防火対策についてご紹介します。

 

燃やす物のない所に火は立たない

「火のないところに煙は立たない」と言うことわざがありますが、火もまた、燃える物がなければ勢い良く燃え続ける事はありません。
管理しているマンションやアパートの玄関付近や勝手口で、古新聞や雑誌が積まれたままになっている光景を見かけた事はありませんか?
資源ゴミの分別のために屋外に出していたとしても、放火犯から見れば、恰好のターゲットでしかありません。
また、放火犯が近所に出没していなくても、通行人が捨てた歩きタバコの吸い殻が引火する事もありますので、古新聞や雑誌を物件の屋外に放置しないよう、住民側のマナーを厳しく指導しなくてはなりません。

 

ゴミ捨て場はしっかりガードされていますか?

屋外に放置された古新聞や古雑誌以外にも、マンションやアパートの放火では屋外のゴミ捨て場がターゲットとなる事もあります。
金網製の鍵付きゲージに囲まれたゴミ捨て場ではなく、木を打ち付けて作っただけの簡素なゴミ捨て場を設けている物件は、要注意です。
ゴミ捨て場が建物から離れた場所にあれば、万が一放火されてもゴミ捨て場の焼失のみで収まるかもしれませんが、もし木造アパート等に隣接したゴミ捨て場であれば、建物全体に広がる大きな火災となるリスクは非常に高くなります。
そうならないためにも、住人以外の第三者がゴミ捨て場を開けないように、暗証番号付きの鍵を取り付け、回収日までなるべくゴミを入れないよう住民に呼びかける等、普段から防火対策をしておきましょう。

 

入居前に喫煙歴の確認も

タバコは個人の嗜好であり、プライバシーに関わる内容でもあるため、入居前の説明や契約書で提示していない限りは、入居者と言えども強制的に喫煙を辞めさせる事はできません。
しかし、ベッドや布団の上での寝タバコや、吸い殻の不始末は、代表的な火災の原因としても知られています。入居前にこれらの行為を慎むよう声掛けを行なう事も、物件の管理人としての義務と言えるでしょう。
壁や天井へのヤニの沈着を考慮して、喫煙歴の有無を確認する物件もありますので、「はい」か「いいえ」で答える簡単なアンケート等で確認しておけば、入居者にひどく不快感を与えてしまう心配はありません。

 

入居者のモラルが火災のリスクを左右する

当然の事ですが、物件の防火対策を徹底するという事は、何よりも入居者自身の命を守る事でもあります。
古新聞を屋外に放置したり、ゴミ捨て場が常にゴミで溢れていたりしないよう、入居者自身に物件内のルールを守ってもらわなくてはなりません。
物件のオーナーとして、火災報知機や消化器を設置する事はもちろん、入居者に火災のリスクを呼びかける姿勢も必要です。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る