事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

事故物件に住んだ感想は?不吉なことは間取りのせい?

 

事故物件は家賃が安くなっているため、家を借りるときにあえて事故物件を探したという人もいます。
住んだ人は皆さん、不吉な体験や運気の下降などを経験しているのでしょうか?
気になる事故物件に住んだ人のその後を調べてみました。

 

 

事故物件では不幸が連続するのか?

『夜、寝ていると、排水がゴボゴボ言う音がして目が覚めた。風呂の排水溝に髪の毛が繰り返し詰まると思ったら、風呂で若い女性が自殺した事故物件だった…。』
こんな、怪談話は後を絶ちませんが、事故物件に住んだ人全員が、怖い体験や不吉な経験をしているワケではありません。
ネットやメディアでは、『事故物件=心霊スポット』のような扱いをされますが、全く何事もなく、普通に生活出来ている事例の方が多いようです。
自殺や事件現場だということを知って、無意識にネガティブなイメージが膨らんで、ちょっとした物音をラップ音だととらえたり、不運な出来事を事故物件に住んでいることに結びつけて考えたりするとキリがありません。
事故物件だから不幸が連続するのか、気にして結びつけているからなのかの判断はむずかしいところです。

 

霊能者でも事故物件を見破ることはむずかしい?

事故物件に住んだことがあるお笑い芸人の発案で、霊能者は事故物件で何があったか当てることが出来るかという企画がテレビで扱われました。
不気味な現象が起きたら面白いだろうという期待とは裏腹に、3人の霊能者の予想は外れ、実際に、想像通りの怖い現象は起こりませんでした。
誰にでも、簡単に見えるものでは無いということですね。
“気持ちの持ちよう”という部分が大きいのだと感じさせる実験でした。
お笑い芸人の中には、『事故物件』に住んでいることがネタとなって活躍の場を広げている人物もいるほどで、精神的に参って暮らしていけなくなったという話は出てきません。
ポジティブな気持ちを持っている人は、それほど瑕疵を感じないようです。

 

事故物件との付き合い方

年間1万5000人を越える方が、自宅で自殺しているそうですから、都市部では、事故物件に出くわす可能性が高い様です。
都内で、駅近の物件に3万円~5万円ほどで入居出来、事故を気にしない人に取っては格安で入居出来るメリットがあります。
格安家賃の事故物件でも、特に、他の方と変わらない生活が送れている人がほとんどです。
アウトレットでも実用に遜色なければかまわないという価値観のように、合理的な考えで事故物件を選んでいる人もいるのです。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る