事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

事故物件の心霊写真について

 

事故物件のお部屋の写真を撮ると、心霊写真が撮れるのでしょうか?

事故物件の心霊写真を検証してみます。

まず一番多いのが「オーブ」です。

オーブとは、写真を撮ると無数の白い魂のようなものが写真に写ります。

これは最初はなかなか気づかないものです。

最近は見ませんが、インスタントカメラだと、現像してから気づきます。

デジカメや携帯の写真だと、その場で確認ができますので、すぐにわかります。

しかし、最初は「レンズが曇ったかな?」ぐらいにしか思わないのです。

それか「埃がすごいなー」程度でしょう。

だがしかし、これがまた不思議なのが、「その部屋でだけ撮影すると移る」のです。

これは度合いにもよってきますが、軽いと埃が写ったかな?くらいですが、

ヒドイとオーブだらけで何も見えない程まであります。

おそらく、その度合いが危険度を示しているのではないかと思いますが…。

不思議なのが、リビングでは綺麗に写るのに、隣の部屋で撮るとオーブだらけ、

これはおそらくその部屋で「何かがあった」のでしょう。

一番多いのは上記の「オーブ」ですね。

 

次に、やはり「写っちゃった」系が多いでしょう。

私はあまり見たことがありませんが、逆に「写らない」というのは見たことがあります。

事故物件に該当するお部屋で写真を撮影すると、

ピースしている片方の指が写っていない、

並んで写真を撮った時にある人の右足が写っていない、

半袖から下の腕が写っていない、というのは見たことがあります。

調べてみると、写らなかった箇所に何かしら異変が出る可能性があることを示唆している、

という情報を聞いたことがあります。

しかし、その友人は何事もなく平穏に暮らしています。

もう10年くらい前の話しなので、たまたまだったのでしょう…。

 

あとは「写っちゃった」系では、多いのが「肩に指が乗っている」や、「部屋の片隅に顔が写っている」等でしょう。

「白いモヤみたいなものが顔に見える」というのは、こじつけっぽくそう見えるだけの気がするのですが、

明らかに、あからさまに写っているものもありますね。

事故物件で撮影すると、前の住民がまだ成仏していなく、そういったかたちで現れるのでしょう。

これまた何かに気付いてほしくて出ているかもわかりませんが、そこに気付くのは難しいですよね。

事故物件で撮影すると写ってしまうのが多いので、極力避けましょう。

とは言いましても、事故物件を売出し、貸出しする際に、ネットに写真を掲載したりしますので、

不動産営業の私からすると、少し困ったものです。笑

なにも写っていないのを確認してから掲載しますが、勇気がいりますね。

 

 

以上、事故物件の心霊写真のお話しです。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る