事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

事故物件の舞台裏:孤独死が発見された物件のその後

 

事故物件は心理的瑕疵という事で、その事実を知らされる場合が多いですね。
気にする人は契約に至りませんから、空室リスクが高い分、家賃は安く提供されることがほとんどです。
孤独死の場合にも事故物件になってしまうのでしょうか?

 

基本は自殺、殺人を事故物件としている

自然死や病死は普通にあることですから、事故物件ととらえないという意見もあります。ただ、契約後に、説明責任を問われて揉めるのはイヤですから、良心的な業者は、人が亡くなっている事を伝えた上で了承を得るようにしています。確かに、人が亡くなっていると、良い気持ちはしませんが、天命を全うされた場合では、清掃が行き届いていればそれほど気にすることはないでしょう。孤独死が発見されるのが3日以降の場合、どうしても臭いが出てしまいます。

 

このため、専門の業者によるクリーニングを行い、リフォームをかけてから、次の入居者を迎えることがほとんどです。クリーニング作業が充分でない場合、心理的瑕疵というよりも、死臭が抜けなくて気になります。もし、賃料の安さを狙って、事故物件を探しているのなら、事故処理になれたプロの手がかけてある部屋を選ぶのがいいでしょう。

 

孤独死物件のハウスクリーニング

ご遺体を運び出して、腐敗してしみだした体液を拭き取って行きます。特殊清掃の業者なら、瑕疵にビニールカバーを掛けるなど、汚れを他の場所に広げないように注意を払って作業していきます。

 

また、菌の種類によって臭いを効果的に抑える方法も変わってきますから、経験と技術のある業者が担当した場合は、その後の臭いの残り方も違ってくるでしょう。また、高齢者の孤独死の場合には、日常のゴミ出しや食品の管理も出来なくなっている事があり、ゴミ屋敷化して亡くなっていく場合もあります。ご遺体の腐敗がひどく無くても、特殊清掃の技術が威力を発揮する場合が多いのです。

 

事故物件の意外な欠陥は臭い

古い家の臭いというのは換気した直後は良いのですが、締め切って出かけて帰ってきたときに気になる場合が多くあります。事故のあった後、速やかに特殊清掃のプロが清掃を行ってリフォームをかけている場合は、死臭も薄くなっていることが多く、住んだ後も特に何も感じないで過ごすことが出来るでしょう。

 

事故物件を多く扱う業者なら、事後処理が適切ですし、臭いに応じたリフォームを施すか、正直に瑕疵となりそうな事実を伝えてくれるのではないでしょうか。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る