事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

事故物件の調べ方は?事故物件買取業者なら確実

 

事故物件は、家賃が安くなることがほとんどですから、はじめから事故物件を探す人もいるのではないでしょうか。
そうしたニーズにぴったりなのが、事故物件買取業者です。
事故物件買取業者を使った事故物件の調べ方についてお話ししましょう。

 

“事故物件買取”でヒットする業者は多い

検索サイトを使うときには、『事故物件』、『心理的瑕疵あり(しんりてきあかしあり)』、『説明責任事項あり』というキーワードをつけて検索するとヒットすることが多いですね。また、『事故物件買取』と検索した場合には、事故物件を積極的に買い付け、安く提供している業者がヒットしてきます。こうした業者は、ワケあり物件を数多くこなしているので、紹介出来る物件を豊富にもっていますし、実用的に問題ないレベルにリフォームして貸し出すことも行っています。事故物件、ワケあり物件というのは、そこでどなたかが命を落としている場合や、事件の現場になっていた場合、何らかの事情で競売にかけられた場合など様々です。中でも厄介なのは、遺体が腐乱して臭いが取れない場合。特殊清掃をかけ、シミの付いた部分は、張り替えなどのリフォームが必要になります。

 

事故物件を蘇らせる手腕は専門業者にかなわない

一般に所有物件の一室で自殺が発生した場合には、病死、自然死として、事故物件としての故知義務を逃れようとするケースがあります。睡眠薬服用や、練炭自殺では、すぐに見付けて病院に運んでなくなったという場合には、特に問題のない場合がほとんどです。多量に出血してなくなった場合や、遺体が腐乱してしまった場合には、特殊清掃の技術がものを言います。洗剤を使い分け、フローリングの板の目に入り込んでしまった汚れがどれだけキッチリ落とせるかが勝負です。事故物件の知識を持っている慣れた業者であれば、どんなリフォームで蘇らせるか物件の扱いに慣れているので信頼出来ます。

 

一般市場ではマイナスイメージだけど…

事故物件と言う響きに、ちょっと不安になる方もいますが、合理的な考えの人に取っては、安く価値ある物件が借りられるお得な物件です。はじめから、事故物件を狙うなら、『事故物件買取』を行って、リフォームをかけて提供している専門業者に問い合わせて見ましょう。確かな技術で価値を高めた、お得な事故物件が揃っています。一般の検索サイトで事故物件を調べるよりも、より、良質な物件に巡りあえるでしょう。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る