事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

事故物件を探すときは専門業者をあたってみよう

 

自殺があったり、事件現場になっていたりすると、“心理的瑕疵”として賃料を値下げすることが多いので、気にしない人に取っては格安物件となりますから、事故物件を探したいという人もいますね。事故物件の探し方についてお話ししましょう。

 

大手サイトで幽霊物件が紹介され話題に…

説明義務責任を果たしていないとして訴えられることはさけたいですし、事故物件ということをオープンにして入居者募集をかけることも増えてきました。つい最近も、大手物件検索サイトで、“幽霊物件”を広告のネタにするような事故物件の募集が話題になったことがありました。昔は、心理的瑕疵ありの物件は、短期賃貸で説明義務を問われないようにして黙って貸すなんて言うこともあったようですし、どうせなら、事故があった事実は隠さずに、賃料交渉で納得出来るならそういったニーズもあるでしょう。立地や築浅など、条件がよい物件だけれど自殺があったという部屋は、賃料を安くしてもイヤだと言う人もいますし、大家さんにとっては、つらいところです。

 

事故物件は年間1万個以上出ている?

年間2万人を越える自殺者が出ているのですから、もし半数が自宅でなくなっていたとしたら、その1/3の7000戸、その他孤独死や事件も起きていますから、1万戸を越える事故物件が生まれているのではないでしょうか。以前も、事故物件はなかったワケではありませんが、誰か入居歴があれば、説明義務なしでOKといった業界の暗黙のルールがあり、短期間の定期賃貸で入居者を稼いで、告知せず賃貸に出すこともあったようです。しかし、最近では、入居後に近所の人から人が亡くなっていることを聞いて訴訟になることを防ぐ方向で、説明事項は伝えるという流れになっています。だったら、事故物件を専門に扱う業者なら、情報が揃っているし、事故後のリフォームや特殊清掃などしっかりやってくれているのでは…と信頼できそうです。

 

専門業者で事故物件を探す

「家賃を安くあげたいので事故物件を探したい」と思うのなら、事故物件専門業者にあたるのがいいでしょう。一般の物件に埋もれている事故物件を探すのは大変ですし、大手検索サイトには乗らずに、不動産屋に問いあわせなければ出てこない物件もあります。はじめから事故物件狙いなら、専業者で探せば、情報量も豊富ですし、事故物件にありがちな臭いやリフォームの処理にも慣れています。事故の種類によって自殺で発見が早い場合の方が、自然死で腐乱した場合よりも臭いが残りにくい…といった事情にも精通しています。専門業者なら、ニーズに合った物件探しがしやすいでしょう。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る