事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

事故物件不動産は専門業者を介しての契約が安心

 

持っていた不動産が事故物件になってしまうと、売りにくく、貸しにくくなります。
事故内容の嫌悪感は、人によって受けとり方が違いますが、『説明事項あり』となっている時点で対象外にしてしまう場合があるからです。
事故物件のその後についてお話ししましょう。

 

事故物件不動産の事情とは?

事故物件というと、人が亡くなっていて、ネガティブなイメージを持つ方が多いですが、実際は、物件そのものの実用性に問題のない場合も多いのです。事故物件不動産といっても、その状況は様々です。殺人事件があった現場や、遺体の腐乱臭が残っているといった場合はハードルが高いかも知れませんが、住んでみて不都合が起きなければ気にすることではないといった合理的な考え方もあります。戸数の多いマンションのある部屋で自殺が起きた場合にも、家族がすぐに発見してその後も住んでいた場合では、それほど嫌悪感を覚えません。その割に、いざ処分したい、入居者を探したいとなった時には、物件が動きにくく、苦労されるオーナーが多いのです。

 

心理的瑕疵の度合いについて

事故物件というと、すぐにオカルト的なストーリーを妄想することが多いのではないでしょうか。奇妙な現象が起きるのでよく調べたら、「かつて自殺した人がいた」とか、「殺人事件現場だった」というホラーは多いものです。話としてはその方が面白いのですが、実際にはそんな物件ばかりではありません。よほど社会的に注目される凄惨な事件が起こっているか、遺体の腐乱臭が残っている場合を除いて、日常生活に支障のないものが多いのです。ですから、家賃や販売価格が安くなっていれば、事故物件であることを承知の上でむしろお得だと考えて求める人もいます。そうしたニーズに応えて、買い手や入居希望者のつきにくい物件を積極的に引き受けて扱っている事故物件に強い業者は、資源活用に貢献しているとも言えます。

 

事故物件不動産を購入するのはどんな人?

はじめから値引き狙いで事故物件を探す人は2割に満たない様ですが、内覧の上検討して、物件そのものに納得して購入や入居に踏み切る人は増えています。立地、物件の構造や質の希望条件と、価格・家賃のバランスを検討した場合、心理的瑕疵ありでも、そうした雰囲気を感じさせない物件もあるからです。事故物件の取り扱いを得とする業者では、入居者が納得する清掃やリフォームのツボを抑えていますし、すぐに快適に生活できる状態にして引き渡すことがほとんどですから、契約がまとまりやすいのです。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る