事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

実際に事故物件に住んでみた

 

実際に事故物件に住んでみた場合、どのようになるのでしょうか。

先述の1で述べたように、「物理的瑕疵」の事故物件の場合は、実際に住むには直さない限りは、現実問題厳しいと思います。
実際に「物理的瑕疵」の売買は、「現状有姿」での売買が多いのが現実です。
「買った人が直してください。その代り、売買金額が相場よりは安いですよ。」というのが実際に多いです。

 

さて、では物理的瑕疵に多い「雨漏り」がある家に住んでみた。

文字通り、雨が降ると天井にシミができ、雨水が垂れてきます。
テレビでも見たことがあるように、落ちてくるところに桶などを置いて雨水を溜めます。
他にも雨漏りの場合、天窓や、窓の枠からから侵入してくるケースもあります。
その際はクロスにシミができます。
長年放っておくと、木が腐食してきます。
住むことに関しては、そんなに害はなさそうですが、コーキング等で直した方がいいですね。

 

「傾いている家」に住んでみた。

これが実際、けっこうきついです。
よく見るビー玉を転がしてみたら転がる家がそうですね。
ここの問題は、結論から言うと、傾いている家に住むとめまいがひどくなります。
少しの傾きなら構造上の問題はそんなにないのですが、長年住めば慣れると思う方が多いと思いますが、
実際は違います。
めまいがひどくノイローゼになってしまう方もいるでしょう。
傾いていると扉の開け閉めも大変になります。
傾いている家に住むのは、なかなか厳しいです。
次に、「心理的瑕疵」がある事故物件に住んでみた。
これも同様に、事故物件での告知義務により、売買の際は相場よりも安くなります。
人によっては、心理的瑕疵を気にしない人もいるでしょうから、
そういった人からすると安く買えてラッキーですね。
一言でいうと、オバケが出るかどうかです。
霊感が全くない、そもそも信じていない、全く気にしない、という人には、何も支障はありません。笑
しかし、売買の際に、「短期間で所有者が3回変わっている」となると、ちょっと気になりますね。
でも、見えない人には見えないんです。
マンションなんかだと、ある部屋で飛び降り自殺があった。
でも売買に該当する部屋ではない。となると、気にしない人が多いですね。
実際にそこに住んでても、何もないです。(人によるかもしれませんが。)
該当する部屋では、見えるか見えないかです。
戸建ても同じですね。
ある部屋で首つり自殺があった、となってもあくまで気にするかどうかです。
結論、「心理的瑕疵」の家に住んでも、気にするかどうかですので、気持ちの問題です。

 

以上、事故物件に住んでみた。でした。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る