事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

死臭はリフォームで除去し、次の入居者に必ず告知を

 

人が亡くなった後に死体から放たれる死臭は、時間が経つと強い腐敗臭になってしまいます。
部屋に染み付いた死臭は、室内の部材をすべて取り替えるリフォームでしか完全には除去できません。
ここでは、死臭が発生してしまった部屋の正しい後処理について解説しています。

 

死臭の正体と強い臭い

部屋の中で、誰にも気づかれずに入居者が亡くなった場合、その死体が発見される主なきっかけは、周囲に漂う強い死臭です。
近隣の住人から「ひどい臭いがする」という相談が来て、合鍵で部屋を開けると、入居者の方が亡くなっていたというケースも、不動産管理業界では珍しい事ではありません。
死体は時間が経つとバクテリアによって分解され、体液となって流れ出し、独特の強い腐敗臭を放つようになります。
死体そのものから放たれる臭いと、体液から放たれる臭いによって、死臭は部屋中に充満してしまうのです。

 

一度付くと厄介な死臭

死体処理の現場に慣れている特殊清掃員の方でも、強い死臭を嗅いだ後、約1週間はその臭いが消えないと言われています。
強烈な死臭は壁や天井、家財にまで付着し、ご遺体を警察が運びだした後も部屋の中に留まります。
また、死体から流れだした体液は布団や床に染みとなって残り、ここからも死臭が発生します。
さらに、フローリング材を通過して床の下地材やコンクリート、外壁部分まで体液が流れてしまうと、死臭を建物から完全に除去するために、大がかりな工事を要します。

 

死臭を消すためには、部屋全体のリフォームが必要

死臭が立ち込める部屋は、特殊清掃業者に頼んで消臭を依頼する事ができます。
しかし、死後1週間など発見から時間が経っているケースや、腐敗の進行が早い夏場などは、清掃だけでは死臭を取り除く事ができません。
そのため、死臭が染みこんだ床のフローリングや畳、壁や天井のクロスの張替えリフォームを行なって、死臭の発生源を完全に除去しなくてはなりません。
建物の構造部分まで体液が染みこんでしまった場合は、コンクリート等でカバーする方法があります。

 

死臭が消えても、入居者には告知を

亡くなられた前入居者の死因に事件性がなければ、新しい入居者には伝えないという不動産業者もあります。
しかし、先ほどもご説明した通り、死臭を完全に除去するためには、部屋全体の大がかりなリフォームが必要です。
そのため、入居希望者が内覧時に
「築年数に比べて内装だけが異様に新しい」
「なぜか1部屋だけリフォームされている」
という事に気付けば、勘の良い方ならすぐに、過去にその部屋で人が亡くなった事に気づきます。その際、もし入居希望者へ告知を怠っていれば『前入居者が亡くなった事を隠していた』という誤解を与えかねません。
そうなれば、物件そのものに悪い印象を与えることになり、次の借り手がなかなか決まらない状態が続いてしまいます。
しっかりとリフォームを行い、次の入居者にはきちんと経緯を説明し、納得したうえで入居してもらわなければなりません。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る