事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

気になる物件が事故物件かどうかを調べる方法は?

 

事故物件とは、何らかの心理的瑕疵や欠陥を抱えている物件の事です。一目見ただけで欠陥がすぐにわかる事故物件もあれば、内覧だけではどこに欠陥が隠れているかわからない物もあります。安全な物件選びのためにも、事故物件かどうかを内覧の前に調べる術を持っておきましょう。

 

事故物件かどうかは、物件情報に記載されている

通常、その物件に心理的瑕疵や欠陥があるという事は、買主は契約の前に知らされなくてはなりません。そのため、そのような問題を抱える事故物件は、インターネットなどで公開されている物件情報に「心理的瑕疵あり」や「告知事項あり」と記載されています。明確に「事故物件です」とは書かれませんので、この2つのフレーズを覚えておくと良いでしょう。心理的瑕疵とは、住む人が心理的に嫌悪感を抱くような欠陥の事です。例えば、物件の前の持ち主が室内で変死した、物件の隣に異臭を放つゴミ屋敷がある、物件の中で殺人事件が起きた…などが有名です。「告知事項有り」とは、契約の前にこのような欠陥の説明が行われる事を意味しています。

 

業者によっては告知の範囲に含まれない事も

このように、事故物件を購入する場合、買主は何らかの不利益を受ける恐れがあります。そのため、売主は買主に対し、事故物件が抱える欠陥の説明を行ないますが、説明するかどうかの基準は、不動産業者ごとに異なるのが実情です。見た目には何の問題もないと思って契約した物件が、実は住居として致命的な欠陥を抱えていた事が発覚するケースもあります。事故物件を巡るトラブルや裁判は、これまでに何度も起きており、問題が解決するまでには多額の費用と時間が必要です。そのようなトラブルを避けるためにも、事故物件かどうかを必ず教えてもらえると過信せず、プラスアルファの情報を自分で集める姿勢が重要です。

 

過去の情報や内覧で、物件を厳しくチェック

多くの人が敬遠する事故物件は、相場よりも価格が安くなっています。その他、不自然に部分的なリフォームが行われている物件も、火事による焼失や腐乱遺体による腐食などが起きた事を示唆しています。このようなわかりやすい外的特徴が見つかれば幸いですが、中には長時間滞在しなければ住み心地がわからない事故物件もあります。安全な物件探しを行なうためには、物件内覧のチャンスを徹底的に活かしましょう。内覧は1度だけでなく、朝・夜、晴天・雨天など、異なる条件下で複数回行なう事も忘れてはなりません。また、物件の周囲に実際に住んでいる人の口コミは、思わぬ物件の過去が飛び出す事もあります。口コミによる情報は、根拠のない噂か、実際の出来事かを慎重に判断しなくてはなりませんが、近所の人や家族など、契約に直接関わらない第三者の意見も、物件探しの材料として取り入れると良いでしょう。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る