事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

火災予防で知っておきたいコト!生活習慣から防炎素材まで

 

警報器や防火グッズなど技術が進歩していますが、年間1000人を越える人が火災で亡くなっています。
大切な命を守るためにも、火災の予防について気をつけて生活したいですね。
火災を防ぐための習慣と、対策についてまとめていきましょう。

 

火災予防のために効果的なのは?

火災の原因を調べた統計を見ると、上位に『コンロ』、『タバコ』、『放火』、『ストーブ』、『火遊び』が入っています。
建物内で火を扱う時には、消すまでしっかり責任を持って扱わなければいけません。
当たり前のことなのですが、日常的に火を扱う場面では、特に注意が必要です。
・ねたばこをしない。
・ストーブの近くに燃えやすいものを置かない。
・火を使っているときコンロから離れない。

気をつけているはずでも、ちょっとした気の緩みで火災がおきてしまうのです。

 

火災予防のために出来る事

「火災警報器を設置する」
煙や火に反応する警報装置があれば、逃げ遅れが防げます。
新築住宅では2006年6月から設置が義務づけられていますが、それ以前に建てられた住宅では付いていないこともあるので、チェックしましょう。

「消化器を用意・消火方法を確かめておく」
万が一に備えて、消化器を用意しましょう。
注意したいのは、揚げ油の鍋に火が入ったときです。
慌てて水をかけることや、一般的な消化器を勢いよく噴射させるのは、油と一緒に炎が飛んで危険です。
油専用の消化器を使うか、フタで密閉するのが有効です。

「防火素材を活用する」
壁やカーテン、カーペット、寝具など、防火加工された製品が出ています。
燃えにくい素材を使っていれば、非難する時間が稼げたり、燃え広がりが防げたりします。

「集中暖房やエアコンを使う」
ポータブルストーブをひっくり返してしまう、熱源の近くの洗濯物が燃えるなど、ストーブが火元になる事も多いです。
電熱器の使いすぎで発火する危険も見逃せません。
防火を意識した暖房機器の選び方をしたいですね。

「コンロは安全装置・IHを使う」
火元になりやすいコンロも、火災予防対策のポイントです。
ガスは安全装置が付いている器具を選び、調理するときに毛足の長い衣類を着ないなどの対策が必要です。
IHなど電気熱源の方が、燃え移りのリスクを減らせます。

 

火災予防に油断は禁物!

どんなに気をつけていても“うっかり”はおきてしまうものです。
・燃えにくい環境
・逃げ遅れない環境
・消火しやすい環境
・火事に対する意識を忘れない

住まいの火災予防の対策を見直して、火事に強い住環境を整えたいですね。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る