事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

「リフォーム」と「リノベーション」の違い

「リフォーム」と「リノベーション」の違い

「リフォーム」と「リノベーション」の違い

上述したように「リフォーム」と「リノベーション」は言葉こそ似ていますが、細かい部分に違いがあります。まずはそれぞれの言葉の意味を理解し、どのような部分に違いがあるのかを明確に把握しましょう。

「リフォーム」とは

一般的に「リフォーム」とは、元に戻すことを指します。したがって老朽化した建物を新築の状態に戻すときに用いる言葉として捉えるとわかりやすいでしょう。
では、リフォームは具体的にどのようなシチュエーションで使うのが適しているのでしょうか。前提として、「リフォーム」という言葉は、家のどこかが「壊れている」、「汚れている」、「老朽化している」といったマイナスな部分をきれいに直すこと、もしくは新しくすることが目的の場合に使用します。よく使われる家の部位としては、家の外装の塗り直し、キッチンの設備の変更、部屋の壁紙の張り替えなどが挙げられます。

「リノベーション」とは

「リノベーション」とは、すでに機能している建物に大規模な工事を行うことを指します。
リフォームがマイナスな部分をきれいに直すこと、もしくは新しくする、機能の回復を意味するのに対し、リノベーションはその工事を行うことで、住んでいる家の性能や生活のしやすさを新築の状態よりも良くしたり、プラスαで新たな機能や価値を向上させること売却する際の価値も高めたりするのが目的です。

では、リノベーションは具体的にどのようなことを行うのでしょうか。例えば、いままで少し古い感じが出ていた部分をデザイン性の高いものに改良したり、時代とともに必要性が変わっていく『住環境』に焦点を当てて、現代的なスタイルに合わせる(間取りや内外装などの変更が代表)ことが挙げられます。他にも家族が増えたことがきっかけで、仕切りの壁をなくし、広いリビングダイニングキッチンを再現させたりできるのがリノベーションの特徴です。

「リフォーム」のメリット・デメリット

「リフォーム」のメリット・デメリット

上述したように、「リフォーム」と「リノベーション」には細かな違いがありました。そのため、おのずとそれぞれのメリットやデメリットにも違いが生まれます。以下は、「リフォーム」と「リノベーション」それぞれのメリット・デメリットに関してまとめたものです。それぞれを理解し、どちらの方向で進めていくべきか検討してみましょう。

メリット①工事費用を安く抑えられる可能性がある

リフォームの場合、工事を行う範囲が部分的・表面的で済むことが多いため、全面的に改善を行うリノベーションと比べて、工事費用や雑費に関する費用を比較的安価でおさえることができます。「家の質をあげたいけど、予算はそこまで用意できない」といった人には適したメリットといえるでしょう。

メリット②完成後の住まいがイメージしやすい

一軒家であれば新築時、マンションやアパートであれば入居者が住む前の状態に戻すことを主な目的としているのがリフォームです。そのため、リノベーションのように大規模な間取り変更や構造・性能変更をおこないません。したがって、購入した築浅物件の姿が大きく変わることはなく、完成後の状態がイメージしやすいのです。イメージしやすいと依頼側の精神的な安心につながります。

メリット③工事期間が比較的短期

先述したように、リフォームは工事範囲が限定的・部分的であるため、比較的短期間で工事を修了させることが可能です。一般的なリフォームの期間は、約半日~1か月程度と考えられており、物件購入後にリフォーム工事を依頼する場合にいたっては、工事期間が短くなるため、早い段階で引っ越しすることが可能になります。
この施工期間の短さは、経済面にも良いメリットをもたらします。例えば、アパートやマンションの賃貸住宅に住んでいる場合、たとえ工事期間中であっても元々の住まいの家賃と購入した物件のローン返済は並行して発生するようになっています。この状態が長く続くのは経済的あまり好ましくありません。したがって、施工期間が短くなるのはお財布にも嬉しいことなのです。

デメリット①間取りの変更不可

リフォームのデメリットの1つとして挙げられるのは、間取りの変更はできないという点です。もともとリフォーム自体が、限定的で部分的な工事で、機器においても修繕や設備機器の取り換え工事が主です。そのため、間取りを変更するといった住宅の根本を変更し、機能性を改善させるといった行為はできません。

デメリット②劣化状態の確認はできない

リフォームは、部分的な改修が主になるため、住宅全体の強度や、配管、柱といった住宅内部の劣化状態を細かく確認することはできません。その分野はリノベーションの分野で行われます。

「リノベーション」のメリット・デメリット

「リフォーム」のメリットとデメリットを把握したら「リノベーション」のメリット・デメリットについても学びましょう。こちらも理解しておくと、両者の違いが明確になり適切な使い分けや判断が可能になります。

メリット①自由な設計が可能

リノベーションを行う最大のメリットは「自由度が高い」という点です。 例えば、リフォームと同様に内装のデザインや設備機器交換・改善も可能ですし、間取りの変更や水回りの位置の変更なども自由に設計することができます。

それぞれの生活スタイルに合わせた住まいに変更できるのがリノベーションのおおきな強みです。

メリット②資産としての価値が高くなる

マンションやアパートが持つ『資産価値』というのは、築年数の経過とともに少しずつ低下していきます。一般的には、およそ20年弱で建物の価値は土地の価値へと近づいていき、築20年を超えると、中古マンションやアパートの資産価値はほぼ横ばいになると考えられているのです。ただリノベーションを行なえば、資産としての価値が高くなります。

デメリット①工事費用がリフォームよりも高くなってしまう

例えば家全体の「リノベーション」、つまちフルリノベーションをやることになった場合、外装を取り払い、家を支える役割を持つ柱だけ構造躯体だけの状態にして、間取りや内装を一からつくり替えることになります。したがって、工事の期間は長くなり、工事する場所も広範囲に渡るのです。もちろん費用もリフォームとは比べ物にならないほど高額になるので、かかる費用と予算のバランスを考えながら、どこをリノベーションするのか検討した方が良いでしょう。

デメリット②工事期間が比較的長期

リノベーションをする部位の数にも寄りますが、一般的にリノベーションは解体から始まるため、そこからの期間も含めると、完成まで約2~3か月かかります。長期間の工事によって仮住宅にかかる費用などもかさんでくるため、慎重に検討する必要があります。

「リフォーム」と「リノベーション」、どちらにするかは慎重に考えよう

上述したように、「リフォーム」と「リノベーション」は意味合いが異なります。他にも絵施工期間や費用、着手できる部位なども変わるため、両者の違いをしっかり理解したうえで選ぶ必要があります。この記事を参考に、どちらが自身の思想や考えと合っているか慎重に考えて進めてみてください。

代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る