事故物件専門
無料相談受付
電話番号:0120-821-704

葛飾で事故物件の買取りを依頼するなら【お困り不動産解決本舗】へ!訳あり物件・売却困難物件の買取りもお任せください~事故物件の定義とポイント~

事故物件の定義とポイント

事故物件の定義というのは、はっきり理解していそうで難しい判断といえます。今回は、事故物件の定義や把握してほしいポイントなど、詳しくご紹介していきます。

事故物件の定義とは?

事故物件の定義とポイント

実際のところ、事故物件というのは法律的に明確な定義が存在しているわけではありませんが、世間一般では「心理的瑕疵(かし)物件」を指すことが多いです。

心理的瑕疵物件というのは、わかりやすくいうと「その事実がわかっていたら、その物件は購入(契約)しなかった」といった心理的抵抗感が、その物件にあることを意味します。心理的瑕疵物件に該当するのは以下の通りです。

殺人や自殺があった物件

事故物件として誰もが思いつくのが、殺人や自殺があった物件です。これは、ほぼ事故物件の範囲となります。

事件や事故によって死亡した人がいる

火災などの事故や事件によって人が死亡した場合、その状況にもよりますが、一定の場合には心理的瑕疵があるとして事故物件扱いとなります。

物件のまわりに嫌悪される施設がある

これは曖昧な表現となりますが、物件そのもののことではなく、物件のまわりに嫌悪される建物があるという場合です。墓地や火葬場、工場、宗教施設、反社会的勢力の施設などがある場合は、事故物件と判断されることがあります。

東京の葛飾に本社を構える【お困り不動産解決本舗】は、事故物件に関するご相談に無料で対応しています。「所有する事故物件の経営・管理に困っている」「購入した不動産に事故物件の要素があるので売却したい」など、どのようなお悩みやご要望にも親身にお応えいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

葛飾で事故物件の買取りを依頼するなら任意売却のご相談にもお応えする【お困り不動産解決本舗】へ

葛飾で事故物件の買取りを依頼するなら任意売却のご相談にもお応えする【お困り不動産解決本舗】へ

葛飾で事故物件をメインに取り扱う【お困り不動産解決本舗】では、火事や水害の被害を受けた訳あり物件や、環境要因の問題から売却が困難な土地などの買取りも行っています。

任意売却のご相談もお受けしていますので、住宅ローンの支払いが滞り、競売にかけられそうな物件の取り扱いも対応可能です。

また、不動産のリフォーム・リノベーションの依頼も承っていますので、葛飾で不動産の老朽化にお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

お役立ちコラム

葛飾で事故物件に関する相談をするなら【お困り不動産解決本舗】へ

当社名 お困り不動産解決本舗
運営 ハッピープランニング株式会社
設立 平成20年5月9日
代表者 大熊 昭
所在地 〒125-0054 東京都葛飾区高砂3-16-1 1F
TEL 03-5612-0610
FAX 03-5612-0632
営業時間 10:00-18:00
URL https://www.happyplanning.jp/
代表:
電話番号:0120-821-704
営業時間:10時~18時
メールでのご相談はこちら
このページのトップに戻る